東京都 新型コロナウイルス 病床使用率の嘘!

新型コロナウイルス

 ←励みになります。最初にクリックお願いします。

感染者数第一位の東京都で「医療現場がひっ迫」「このままでは、医療崩壊が起こる」というデマが毎日のように流れていましたのをご存じでしょうか。あ・・・まだ流れてるか。

そもそも、緊急事態宣言は医療崩壊が起こる事への懸念、医療崩壊が起こってからでは手遅れである。という事が第一の理由として宣言されたも同然です。

しかし、医療崩壊自体起こるはずがなかった・・・なんて事が事実としてあるのでしたら大変です。戦時下の大本営発表以来の大嘘をついていたことになります。

日本医師会をはじめ、東京都の圧力に屈っして政府が緊急事態宣言を発令したと自分は認識しています。この件については、コロナが収まった時にはしっかりと調べ、大嘘つきを逮捕監禁していただきたく思います。

ヤフーニュースの記事を引用します。

東京都が新型コロナウイルス感染症の重症患者を受け入れるための病床を、都内で約400確保し、5月18日現在の重症者の病床使用率は13%にまで低下し、大幅な休業要請緩和に踏み切った大阪府(19%)を下回っていたことがわかった。大阪府が5月初めに出口戦略の「大阪モデル」として設定した休業要請解除の一つである「重症者病床使用率 60%未満」という基準も、東京都は大きく下回っていることになる。

 18日夜、都福祉保健局の感染症対策課長が筆者の取材に対し、公表されていない重症者病床の確保数を明らかにした。公表していない理由については「国から報告を求められていなかったため」と釈明。一方、大型連休明けの5月11日まで都が発表していた入院者数は実際より大きく上回り、正確でなかったことも認めた。

タカシ

大阪モデルで、休業要請緩和の重傷者病床使用率が60%に設定している中、東京都では僅か13%の病床使用利であります。公表していない理由が「国から報告を求められていなかったため」・・・・・・・( ^ω^)・・・は??

感染症対策課の課長が「国から報告を求められていなかったため」なんて本末転倒極まりないです。ホウレンソウもできない方が課長なんて世も末ですね。

 

筆者作成

 同課長によると、個別の精査を行った結果、5月12日からようやく正確な数字を発表できる態勢になったというが、それまでは実態と異なる数字を発表していたことになる。同課長は取材に対し「退院者の把握などに時間がかかった。何も発表しないよりいいだろうということで(不正確なデータを)発表していた」と話した。

 たとえば、緊急事態宣言延長前の5月6日は「2974人」が「入院中」と発表していたが、実際はその約半分の「1511人」であったことが判明。都は12日ごろ厚労省に修正報告し、厚労省が16日、正確な数値を発表した(詳しくは、既報参照)。

 だが、NHKは12日時点で東京都だけが依然、医療提供体制がひっ迫しているかのように報じていた(現在も未訂正)。政府の専門家会議も、宣言延長決定直前の5月4日の見解で、依然として「入院患者を引き受ける医療機関への負荷は現状でもぎりぎりの状況にある」との認識を示していた。

画像

 東京都は5月1日までに、軽症者を受け入れるホテルを約2800室確保しており、医療提供体制は大きく改善していた可能性がある。だが、政府の専門家会議も、病床のひっ迫状況について正確な情報を把握できていなかったとみられる。

 この問題について、厚生労働省の健康局結核感染症課の課長補佐は取材に対し東京都から間違った報告がなされていたことは大変残念とコメント。重症者病床の確保数についても、これまで各都道府県に報告を求めていなかったことを認める一方、「現在調査し、取りまとめ中」であることを明らかにした。

タカシ

5月6日時点での発表で、東京都発表入院患者数が2,974人 のところ、実際は1,511人と2倍の数字を出していました!5月6日と言えば覚えていますか?緊急事態宣言延長時ですよ!この大事な時期に数字を把握していないの・・・・嘘じゃないでしょうか?

また、ほぼ2倍の数字を出したことは偶然なのでしょうか?

東京都として、緊急事態宣言延長を望んでいたとしか思えない対応です。

東京都知事として、緊急事態宣言延長を望んでいる理由は下記と推測します。

1、直近に迫った都知事選の再選のためのアピール

2、直近に迫った都知事選の再選のためのアピール

3、直近に迫った都知事選の再選のためのアピール

この3点が緊急事態宣言延長を望んでいる理由です。都知事選は7月初旬です。直前の今、都民が自粛してテレビ視聴率が上がる中、「コロナ対応でうまくやっている」連日ニュースや記者会見に出るたびに、公共放送を使って選挙運動をするにはうってつけです。

タカシ

三流の政治事業者として、次期と都知事選もほぼ圧勝が決まっている中、何故、このような暴挙に出るのでしょうか??そもそも都知事は緊急事態宣言延長になっても、給料が下がるわけでもありません。さらに、この時期に選挙運動をしなくてもほぼ再選が決まっています。

もし、この数字が意図的に作られていたとしたら大変な事です!

都民だけでなく、緊急事態宣言延長で何件の会社や事業主が被害を受けているでしょう。コロナショックはまだ始まってもいません!いち早く緊急事態宣言解除を要求します!

また、この件に関して、都知事としてしっかりと説明責任を果たす事、今日の会見が楽しみです!

以上

ご覧いただきありがとうございます。

励みになります

↓↓↓