脱サラ生活して10年以上経って思う事

店舗経営

 ←励みになります。最初にクリックお願いします

こんにちはタカシです。

先日、取引先の仲の良いお客様に、

取引先

脱サラして生活どうなの?

休みはあるの?

収入はどのくらい?

貯金はあるの?

会社員やめてみてどう変わった?

何て、話をされました。特にどうってことなかった話ですが、彼からしたら興味津々の話だったらしく、脱サラして生計を立てて行くか迷ってるなしいので、良い事、悪い事ある中、自分の経験から、

脱サラ生活が向いている人

脱サラ生活が向いていない人

向き不向きが解りますので書いていきたいと思います。脱サラ生活を考えている方、サラリーマンという仕事にちょっと疑問を持っている方。

是非参考にしてください。

この記事を書く自分は、現在40歳自営業。
新卒でパチンコ屋さんに就職してから、5年で退職。その後独立開業を目指して、たくさんの仕事を経験しました。

組織で働くのもいいけど、自営業は自分の好きな働き方で働けるので気に入ってます。

自営業歴は12年くらいで、現在は一般的なサラリーマンより収入は高いです。でも、会社経営のように何人も人を雇っているわけではありません。

そこそこの生活して、小さなお店で細々と、楽しく暮らしています。

こういった背景から語ります。

 収入に対しての不安

自分が脱サラ生活をしたときは、

サラリーマンの方は一時的に収入が途絶えます。

という時代でした。

でも、現在では副業と言った形で新しい仕事に挑戦できます。素晴らしい時代になったと思います。

自分が脱サラした時は、後先感がえずにとにかく、職場から逃げ出したくて脱サラしました。

「組織に向いていないんじゃないかな?」と思い

開業を決意しました。単純な考えです。

こんな時代ですので、副業で始めるのも良いですが、自分はあまりお勧めしません。

副業でやると、どうしても片手間になって上手くいきません。

「本業が忙しい時は本業をセーブして副業の時間を作る事」なんて言っている方が多いですが・・・・

副業から成功する人はほんの一握りです。それも限られた職業だけです。

ネットビジネスや、最近ではセドリなんかも有名ですが、ある程度パソコンに向かってやる仕事に向いている方が殆どです。実際に店舗を持って仕事をするには副業では難しいです。

っていうか(ヾノ・∀・`)ムリムリ

 最低1年分の生活費は確保してからやめよう

自営業やフリーランスの方で、優秀な方はすぐに結果が出ます。しかし大半の方がすぐに結果は出ません。最低でも1年は収入0と思って仕事をやめましょう。実際に0になることは稀ですが。

自分は、貯金500万で会社員を辞めて、250万まで減った時点でお店を開業しました。脱サラ生活スタート時はそんな感じでした。多いか少ないかわかりません。その人によると思います。

多すぎた場合、切羽詰まって仕事に打ち込めない。

少なすぎると焦って目先の利益に走ってしまう。

どちらにしても自分はこんな感じでした。今思うと妥当な金額だったと思います。

開業して、半年で生活費トントン(利益があるけど生活費で消える)

1年で普通の生活ができるようになりました。

 はじめは忙しくお金使わないから大丈夫

開業当初は売り上げが0スタートなので、とにかく営業をしまくりました。

朝7時~夜11時まで、ひたすら営業営業・・・・

帰宅後は自炊して、風呂入って寝る。休日もなしで営業営業。

いや~使わないでよお金。お金を使う暇がないとはまさにこの事。

知り合いに一人、顧客を連れて独立した人がいたけど、結局、新規顧客は一からなのではじめはみんな苦労します。

 

 仕事が続くか不安

脱サラ生活を考えていた当時は、いざ、開業しても続くか不安でした。

売り上げが上がらなかったら

利益が出なかったら

近くに同業他社ができたら

何て、不安でいっぱいでした。

しかし、開業してみるとそうでもいないです。

厳密にいうと、不安を考えている時間がなかった・・・です。

先ほども書きましたが、とにかく忙しく営業しました。チラシ配りや、ネット広告、直営業など様々です。何十個、何百個と試しました。ですから、不安になることは開業してからは殆どなかったです。

不安を考えないほど行動する

です。

仕事が続くか不安になっていたのは開業前だけです。

 失敗した時の不安

脱サラ生活で

失敗したらどうしよう

上手くいかなかったらどうしよう

なんて考えていました。

そりゃそうですよね。失敗したら食うのに困るわけですから大変です。

でもね、実際開業してみると失敗だらけです・・・・

洗濯代行なんて今でもマイナーな仕事です。当時は、代行業事態珍しかった。

今では、家事代行、営業代行、運転代行などなど・・・それほど珍しくない代行業です。

当時はまず「知ってもらう事」から始めました。

チラシ配布にしても数万枚配布して、新規顧客2名だけ・・・

ネット広告は数万かけて顧客0人・・・

一日中営業に歩いて新規0人・・

こんなのザラです。

 

少しずつダメな理由を実践して身に着けて行った感じです。何度も失敗してたまに当たります。そんな感じです。そこから延ばして行くことが重要です。

致命傷にならなければ大丈夫です。

開業して、顧客がいないのに致命傷になることは、ほぼありません。

だって売り上げないんだから・・

軌道に乗ってからはありますけど、最初から致命傷になるくらいの失敗はあり得ないので大丈夫です。

 またサラリーマンに戻れるか

脱サラ生活前は、「上手くいかなかったらサラリーマンに戻ってやり直そう」なんて思っていました。

しかし、

今は、脱サラ生活をはじめてサラリーマンに戻ろうとは到底思いません。

・時間に追われて

・会社の方針に従って

・飲み会も断れずに

・不本意な残業もある

・嫌な上司や、気の合わない人と一緒に仕事をする

(ヾノ・∀・`)ムリムリ

 

どんなに忙しくて、上手くいかなくてもサラリーマンには戻りません。

・自由に

・好きなようにできる

・嫌な上司もいない

・合わない人とは距離を置ける

・ストレスがない

この生活をできるようになったら戻れません。戻りたいとは到底思えないです。

 脱サラに向いている人、向いていない人

脱サラ生活をして12年が経ちます。

今は、会社経営者や、自営業、フリーランスの方と一緒に仕事をすることが多いです。

独立して12年しかやっていませんが、ある程度脱サラに向いているか向いていないかわかるようになってきました。

1、会社の愚痴をよく言う

2、嫌いな上司がいる

3、給料に不満がある

上記の様な方で、脱サラ生活したい方はやめた方が良いです。

何回も言いますが、開業当初は大変です。できない理由を他者にしている人は続きません。全部自分に返ってきます。

100の営業をして見返り0は当たり前です。

逆に10の営業で見返りが120なんて事もあります。

不満を言える環境があるだけ恵まれていると思います。

 

脱サラ生活に向いている人は

1、やりたい仕事がある

2、もっとお金を稼ぎたい

3、行動力がある

この3点です。

これだけで十分です。

特に3番の「行動力がある」はかなり重要です。

はじめは、トコトン失敗します。失敗してコツをつかめるようになってきます。

成功を探すのではなく、失敗してダメなものを勉強する事が重要です。

偉そうに言いますが、自分は今も失敗だらけです。新しい仕事をして失敗が続いています。しかし、経験上、致命傷になる失敗は避けれますので大丈夫です。

最初はつらいですが動き続ければ安定します。動かない事、行動しない事が失敗です。

まずは動かないとなにも始まりません。参考になれば幸いです。

以上

ご覧いただきありがとうございます。

励みになります

↓↓↓