現役医師の本音「ワイドショーは自粛してもらいたい」

新型コロナウイルス

連日、テレビニュースやワイドショーなどは、新型コロナウイルス関連のニュースが殆どです。

今日の新規感染者数は?GW沖縄に人が殺到している。病院でクラスターが多発している。などなど、取り上げれば取り上げるほど視聴率はうなぎのぼりです。また、自粛も重なってテレビ視聴率も全時間帯で130%増とウハウハです。

ただ、反面広告スポンサーのテレビ離れや、コロナショックにより広告自体が減少しているので本末転倒です・・・

そんな中、総合病院で新型コロナウイルスを実際に診察し、また現場の統括もしているベテラン医師が「ワイドショー煽りすぎ」と、匿名ですが訴えている記事がありましたのでご紹介します。

デイリー新潮の記事から抜粋しました。

――新型コロナに関しては、膨大な情報量が発信されています。この状況をどう見ますか?

SNSで誰もが発信できるようになったことで、不安をかきたてる情報が溢れすぎている、という印象はあります。

また地上波のテレビ、ワイドショーがセンセーショナルに伝える傾向があるのは良くないと思っています。たしかに政府の言う通りのことを流すのでは政府広報になってしまうので、良いことだとは言えません。

しかし、恐怖を煽って,今の対応が危険だと強調しすぎているように思います。

現政権が嫌いなのかもしれませんが、それと医学の問題は別です。

現在の政府方針、専門家委員会の方針は、専門的な知見のある人たちが議論して打ち出したものであり、相応の合理的な判断だと現場の医師から見ても思います。

ですから煽られておかしな行動をとるのではなく、とにかく今の対策を守ってもらわないと,収束できるものもできなくなると思います.

にわか専門家のコメントが全部間違っているとは言いませんが、大事なことをうまく伝えられていないと感じます。自称専門家はもちろん、芸能人の方などの不用意な発言でも、視聴者は扇動されます。

外国の例を簡単に紹介するのも問題です。「海外ではこうだ」というのですが、それぞれの国によって医療レベル、保険制度、国民性、文化など異なる背景があります。だから安易に「あそこがいい」「ここがいい」という話ではありません。

「アフリカの〇〇ではこうだ」と言われても、その国は常に様々な感染症の脅威が存在する国かもしれません。その国の政策を参考にする、といっても無理があるのではないでしょうか。

ごもっともなご意見ですね。

他のくだらない芸能情報やスポーツニュースなどで、「私はこう思う。自分の意見はこうだ!」など言って当事者以外は特に何も害はないです。しかし、今回の新型コロナウイルスに関しては、まだまだ、解らない事が多々ある中で、専門家以外のコメンテーターもしくは、自称専門家の方が、にわかな頭でコメントしても恐怖を煽っているにすぎませんからね。

特にワイドショーの出てくる、そこそこ影響力のある方が発言すると視聴者は簡単に騙されますからね。

私のお店も、民間の内科や小児科のお洗濯物を代行していますが、緊急事態宣言が出てからは洗濯物がぱったり止まりました。原因は、テレビで煽っているせいで民間の医療現場も混雑しているのと勘違いしているのでしょう。下記も抜粋記事です。

もともと日本は国民皆保険ですし、東京は医療へのアクセスが極めてイージーになっていました。中学生までは医療費ゼロですし、救急車を呼んでもお金は請求されません。欧米なら数万円は確実に取られます。それゆえ、子供を昼間病院に連れて来られないというだけの理由で、救急外来を夜間に普段使いするような親までいたのです。

だからいつも病院が混雑していることが問題になっていました。一方で、開業医の先生を含めて医療機関側もそれで儲けていた、という面もあったことは否定できません。「どんどん来てください」とやって、医療費は国に負担してもらえばいいのですから。

ただ、新型コロナウイルスの影響で、普段は安易に病院に来ていた方が減ったので、全体としての患者数は減っています。

感染症や救急を担当していない病棟や医師はむしろ時間に余裕ができているようです。不要不急の手術も延期にしていますから。

1、2月に比べて3月の病院全体の収入は3割減というところでしょうか。病床の稼働率も10%ほど下がっています。

おそらくこれは開業医などでも同様でしょう。「売り上げ」が落ちて困っているところもあるだろうと思います。

さらに、PCR検査についてもテレビ報道とは違く、専門家の意見をしっかりと述べられています。

――テレビに出ている「専門家」の強い主張の一つが、「とにかくPCR検査を増やすべき」というものでした。これはどうなのでしょう? 

これは絶対に間違いです。少しでも専門知識がある人は、全くこれを望んでいません。

他国と日本が違うのはこの点で,本当に医師が疑った例にのみ検査をやっている点で感染の広がりをコントロールできていることは確実です。

とはいえ確かに検査のスピードは遅かったから、そこは今改善を進めています。

ただし、誰彼構わず検査をオーダーできるような状況を作らなかったことは100%正しかったと考えています。

日本のように国民皆保険の国で、なおかつ感染症に詳しくない町のクリニックのようなところまでもが、自由にPCR検査をできるような環境を作っていたら、間違いなく院内感染が多発していたでしょう。おそらくニューヨークやイタリアの比でない状況になったと思います。

「かかりつけ医」に相談することは否定しません。しかし、そこに多くの人が押し寄せたら結局クラスターを発生させかねません。そういう状況を作らなかった点では、当初、検査を絞ったことは決して批判されるようなことではないのです。

現在報告されている院内感染にしても、慣れてない人が普段使わないような感染防御具を適切でない使用をしたがために他の人や患者に感染させる例があとを絶ちません。

ドライブスルーでのPCR検査を増やせ、という意見についても、乱暴に思います。病院外での検査体制は進めたほうがいいでしょうが、やり方を間違えるとかえって感染者を増やすことにもなりかねません。

別の観点から補足させてください。

毎年のインフルエンザの流行の仕組みをご存じでしょうか。

PCR検査が注目されることで「偽陽性」「偽陰性」といった言葉もよく目にされるようになったと思います。前者は「本当は陰性なのに陽性と出ること」で後者は「本当は陽性なのに陰性と出ること」ですね。

実はインフルエンザの検査でも「偽陽性」「偽陰性」は一定の確率で発生します。日本では「インフルエンザかな?」となったらまず病院に行って、検査をしてもらって、タミフルを飲んで、ということが当たり前に思われている方が多いかと思います。

でも実は、こんなことをしている国はそんなに多くありません。一つには先ほどから言っているように、医療費が高い国では、そのたびに大変な料金が発生するので、いちいち検査しない、という人が多いのです。また、タミフルは病気を治す薬というよりは、よくなるまでの期間を短くする(7日が5日半になる)という性質のものです。

アメリカならば、この検査とタミフルだけで下手をすると500ドルはかかるでしょう。だから多くの人は「家で寝て回復を待つ」のです。私もそうしています。

ところが日本は医療費が安いことに加えて、「休むなら証明書を出せ」という習わしが学校や企業にあるので、こぞって病院に来て検査を求めるわけです。

問題は、インフルエンザの簡易キットの感度は7割から8割なので、2~3割の人は本当は陽性なのに「陰性」という結果になります。

その人たちは、病院のお墨付きをもらったということで、自由に動き回りますから、コミュニティの中で感染を広げます。実は、これが毎年のインフルエンザの流行の大きな原因なのです。今回のことを教訓に、「インフルの証明書がないと休めない」といったおかしな慣習はなくしてほしいものです。何にせよ具合の悪い人は休むべきです。結果としてそのほうが学校や職場のためにもなります。

そして、今年、インフルエンザがあまり流行していないのは、多くの人が手洗い、うがいをして、なおかつちょっとでも具合が悪ければ、自ら行動を抑えるようにしたからです。その結果、「実はインフル」の人が感染を広めなかったわけです。

話をPCR検査に戻せば、検査の無闇な拡充に反対している人たちが怖れているのは、インフル同様に、「お墨付きを得た、でも本当は陽性です」という人が感染を広めることにつながりかねないからです。

よく韓国やイタリアのほうが日本よりも検査数が多い、といって日本を批判する人がいるのですが、これは話がまったく逆です。韓国やイタリアは最初に検査数を増やし過ぎたために、感染を広めてしまったのです。

「医療資源が無限にあり」「偽陽性の人でも全員どこかにちゃんと収容できて」「(偽)陰性の人が行動を慎んで他人にうつさないようにする」という前提がすべてそろっていれば、検査数をどんどん増やすのもいいでしょう。

しかし、そもそも検査はそんなに簡単なものではありません。検査というのは少なくとも検体を取る人と、検体を検査する人の両者がいてはじめて検査ができるのです。仮に医師会の先生たちが頑張って検体をたくさん出しても、検査する人が増えなければ結果が出るのがより遅くなってしまいます。本当に必要な検査が滞るのです。

もしも「やる気になればできる」と言い張る方がいるのなら、ぜひそういう人材がどこにまだ眠っているのかを教えていただきたいものです。

検査の技術の習得は一朝一夕にはできません。だから長期的な観点では、もっと日本はこういう検査もスピーディにできるようになればいい、と言われれば「その通りです」と答えます。

しかし、今まさに感染爆発を防ごうとしている時期に実現不可能なことを言っても仕方がありません。

テレビに出ている中でも、自称「専門家」ではなくて、本物の専門家の先生方もいらっしゃいます。そうした方に、「日本のPCR検査数は少ないのでは」とか「より検査体制を充実させられるといいのでは」と問えば、「そうですね」と答えるでしょう。それ以外の答えをしようがありません。

しかし、それで「それみろ、やっぱりPCR検査が足りないんだ」と言い張るのはやめてください。

繰り返しますが、現場で本当にこの病気を診ている医者で、もっと検査数を増やせ、などと言っている人はいないはずです。

テレビに出ているのは、自称専門家以外はいらっしゃらないでしょうね・・・テレビは、「PCR検査が足りない=間違っている」という事を前提で話が進んでいますので、自称専門家の方はテレビ報道に異を唱える発言はできないんですよね。お金貰ってますし、異を唱えたら次に呼ばれませんからね。

所詮、ニュースもワイドショーも台本ありきの茶番でしかないです。

PCR検査は先日のブログでもご紹介しましたが、症状がない人を検査しても意味がありません。それどころか、感染拡大のお手伝いをしてしまいます。そちらも併せてご覧ください。

PCR検査を増やしても意味ない

2020年4月24日
タカシ

テレビのニュースやワイドショーなどは全てがデタラメとは言いませんが、新型コロナウイルスを使って

1、新型コロナウイルスは人類にとって非常に危険なウイルスだというプロパガンダを流す

2、政権をトコトン批判をする

この2点を必死にやっています。その結果視聴率は上がります。だって、新型コロナウイルスは安全ですよ。大丈夫ですよ。政府のいう事を聞いていましょう。正しく自粛しましょう。なんてニュースつまらないからです。

その結果スポンサー収入が増えればよいのですが、自粛期間が延びて経済が衰退し、ス

ポンサーも資金が無くなり広告を打てなくなってきているんじゃないのかな?

自分で、自分の首を絞めるのだけでなく、他人の首も一緒に絞めている状況に早く気づくことを切に願います。

 

下記は、中部大学教授の武田邦彦氏の発言です。新型コロナウイルスではなく「テレビウイルス」とまで比喩しています。比喩ではなく現実なのが恐ろしいです。

それでは、ご覧いただきありがとうございます。