失敗から学ぶ 自分に合った脱サラ自営業のおすすめ職種

店舗経営

 ←励みになります。最初にクリックお願いします

こんにちはタカシです。

今回は、脱サラして、自分合った仕事を見つける方法について書いていきます。

独立して生計を立てたいけど、何が向いているんだろう?

良く行くラーメン屋さんは後継ぎでやっているのかな?

自分も脱サラして独立したいけど、何が自分に合っているかわからない。

こういった疑問に自分の経験談から答えます。

自分は仕事が嫌で嫌で逃げるように辞めました。仕事を辞めた後に何をしようか考えていました。

本当は、仕事を辞めずに、脱サラ後のこと考えて計画を立ててから退社するのが望ましいです。

しかし、理想的にはいかないのが現実社会です・・・・

でも、安心してください。

そんな自分も、今では小さなお店ですが、楽しく仕事できています。

脱サラ後は色々遠回りをしてきました。

出来るだけ回り道しないように自分に合った職種が見つかる方法を書いていこうと思います。

結論から言いますと、「経験してきた職種、もしくは経験を生かせる職種」です。

過去の自分に合えるのなら、伝えたい内容です。

是非参考にしてください。

この記事を書く自分は、現在40歳自営業。
新卒でパチンコ屋さんに就職してから、5年で退職。その後独立開業を目指して、たくさんの仕事を経験しました。

組織で働くのもいいけど、自営業は自分の好きな働き方で働けるので気に入ってます。

自営業歴は12年くらいで、現在は一般的なサラリーマンより収入は高いです。でも、会社経営のように何人も人を雇っているわけではありません。

そこそこの生活して、小さなお店で細々と楽しく暮らしています。

こういった背景から語ります。

 何故脱サラしたか

今から15年前の2005年に大手パチンコ店を退社しました。

当時は、不景気真っただ中。

再就職は難しい時期でした。

理由は

1、異動先が合わなかった

2、マンネリ化する仕事で、モチベーションが上がらない

3、ノルマが多すぎて(ヾノ・∀・`)ムリムリ

ざっくりこんな理由です。

うつ病寸前まで行きました。そして、逃げるように退社しました。

 

会社自体はとても良い会社で、良い上司やお世話になった先輩たくさんいらっしゃいました。

そんなすべてを捨てて辞めるほど、当時の自分は病んでいました。

本当にお世話になった上司に、次の仕事を考えるように説得させられましたが、それすら考えられずに、結局嘘の職種を言って退社しました。

本当に申し訳ないと思っています。

お世話になった会社を辞めるのは、本当に辛く悲しです。

 

 勇気を出して辞めよう

会社を言退社して、暫く引きこもっていました。

色々、人生を見つめなおすには良い機会でした。

精神も少しずつ安定してきて、3か月後には次の職についてました。

失業保険をもらう前に働きたくて就職した感じです。

嫌な事から逃げる事はとても大事な事だと思います。学校では教えてくれませんが・・・

本当に自分の力ではどうしようもない時は、逃げてOKです!

 

 自分のやりたい職種をたくさん経験しました

退職後3か月後に入った職種は飲食業です。

喫茶店を経営したく、初めて飲食の道に足を踏み入れました。25歳です。正社員で入りました。

1年ほど経験しましたが、喫茶店が儲からないのと、コーヒー豆が安すぎてコーヒーの味がまずくてやめました(^-^;

その後

・テイクアウトメインのコーヒーショップ

・コンビニ経営

・カレーショップ

・不動産営業

・テイクアウト弁当屋

計6回の転職をしました。ほぼ、社員として経験しました。

一応すべて独立開業の目指しての転職ですので、

1、仕事が自分にあっているか

2、実際の利益率はどのくらいか

3、開業資金はいくらかかるか

この3点をクリアー出来たら開業する予定でした。

しかし、上手くいきません。

何故うまくいかないか、ここまで3年間無駄にしたわけではありませんが、今になって思うとすぐわかります。

 自分に合った職種は結局、自分の経験してきた職種

飲食業、不動産営業、コンビニ経営。

どれも自分の経験が生かせない職種でした。

自分はパチンコ業界で仕事の基礎を学びました。

簡単に言うと

1、広告を打って集客

2、お店の店舗管理

3、毎日の数値管理をして利益を上げる

こんな流れです。超ざっくりですが・・・

そもそも、モノを売ったり、紹介する仕事をしていなかったんです。「サービスをして遊んでもらった対価で利益を得る」

飲食業やコンビニ経営はモノを売って利益を得る。

不動産営業は営業で、家を紹介して利益を得るです。

そんな簡単な事に気づかずに、たくさんの職種を転々としてきました。

 

そこで出会ったのが、洗濯代行です。

モノを売るではなく、お客様から預かった商品をキレイにしてお返しする事によって対価を得ます。

より良いサービスを提供して対価を得ています。パチンコ業と似ています。僕から言わせると同じです。

 

洗濯代行は、お預かりした洗濯物を、衣類に合った洗濯方法でキレイにして利益を得ます。

こんな単純な事に気づかず、仕事を模索していました。

もちろん、他の職種で成功する人や、合っている人もいます。ですが、間違えなく言えるのは、

自分の経験してきた職種が生きる仕事がやりやすいし合っている

です。

 隣の芝生は青くない

脱サラして、自分に合った職種で成功するのは、もちろんできない事ではないです。

しかし、難しい。とっても遠回りです。

ファーストリテイリングこと、ユニクロ会長の柳井正さんもはじめは紳士服の店舗の営業でした。

ホンダの創業者本田宗一郎もはじめは自動車修理工場勤務です。

 

自分がもし、営業の仕事で成長できたのなら、保険営業のお店や、WEBコンサル営業の会社などを立ち上げると思います。

飲食店で働いていて脱サラしたら、飲食関係もしくは製造関係の職種。

事務職でしたら、事務処理関係の独立した職種を立ち上げます。

 

脱サラして自営業や起業しておすすめの職種は、

「自分の自信のある仕事の延長線上にある職種」

これが一番合っていますし、遠回りせずに独立できます。

 

以上

ご覧いただきありがとうございます。

励みになります

↓↓↓