ソフトバンクの抗体検査キットはやめよう!

新型コロナウイルス

 ←励みになります。最初にクリックお願いします。

ソフトバンクグループの会長兼社長は先日Twitterで、新型コロナウイルスの抗体検査キッドを200万個調達し提供する事を発表しました。ソフトバンクグループの社員や家族にらに無償提供し検査するそうです。

いやいや、ちょっと待ってください。と思う方が殆どですが、称賛する声も多々見られます。

前回のPCR検査も100万人分無償で提供するという事で懲りたと思ったのですが・・・

実際にマスクや、医療用品を個人では考えられない数を提供しています。

下記がTwitterでのやり取りですが、無償か有償かは調べられませんでした。口だけで実行しない人間よりはるかに実行力があり、現実に相当数の医療物資を提供していることは明らかです。素晴らしいです。

しかし、今回の抗体検査キットについては、いったい何故また実施する事に至ったのでしょうか?不思議でしょうがないです。

陰性証明は理論上意味がありません。更に、抗体を持っていると言ってそれがはたして免疫となるのか、
その抗体が新型コロナウイルスの抗体なのか、また、再感染についての懸念もあります。
そのあたりまだきちんと調査研究が進んでいません。

今の状態で、陽性、陰性証明な明らかな的外れです。
陽性や陰性が証明できたなんて言って
油断してかえって感染を拡大させたりするリスクも出てくるわけです。

それにソフトバンクグループに実施ってことは
社員やその家族は拒否できない可能性もあります。

陽性判定された方が安心して外に出たとしても、再感染の可能性があります。

また、陰性判定の方は仕事に制限が掛かったりするのでしょうか?

検査キットについては、無症状の人が検査しては意味がない事を書きブログでまとめています。

PCR検査を増やしても意味ない

2020年4月24日

こちらは、4月9日のレコードチャイナの記事です。

中国から買った検査キットは「使えない」?英国が返金要求へ―台湾メディア

2020年4月9日、台湾メディアの自由時報によると、中国から調達した新型コロナウイルスの検査キット350万個が効力を発揮しなかったとして、英国政府が返金を要求する見通しだ。

記事はこの問題に関する現地メディアの報道を紹介。それによると、検査責任者からは「中国から購入した検査キットは症状が重い人にしか使えず、軽度の人や無症状の人には向かない。大々的に広めるのに値しない」との説明があったという。

記事はまた、英政府顧問でオックスフォード大学教授のジョン・ベル氏が先日、「これまでのところ、全ての検査キットで好ましくない結果だ。偽陽性、偽陰性という検査結果が多く出た」と指摘したことも伝えている。

検査自体に意味がないうえに、検査キットが欠陥商品というおまけつきです。それにしても孫さんのTwitterの写真御検査キットと似ているような・・・似ていないような・・・

さらに中央日報の先月末の記事です。

米メリーランド州知事が輸入した韓国製コロナ診断キット、FDA承認受けられず

韓国系女性と結婚して「韓国の婿」と呼ばれているメリーランド州のラリー・ホーガン州知事が直接空輸した韓国企業ラボジノミクス(LabGenomics)の新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)診断キットが米国食品医薬局(FDA)の緊急使用承認(EUA)を受けられなかったことが確認された。これに伴い、50万件分の診断キットが移送されて10日が過ぎたが、現場での使用が不透明な状態だ。

◆韓国外交部「FDAの承認受けられなかったのは事実」

29日、外交部関係者は中央日報の電話インタビューに「ラボジノミクスの新型コロナ診断キットがまだFDAの緊急使用承認を受けられなかったのは事実」としながら「だが、新型コロナ事態によって連邦政府がFDAの承認がなくても州政府次元で診断キットを売れるように規制を緩和した状態で販売は可能だ」と話した。

実際、ドナルド・トランプ政府は新型コロナ事態発生後、診断能力の困難を経験した後、州政府次元でFDAの承認なしでも診断キットを購入して使えるように許可した。

これに先立ちホーガン州知事は李秀赫(イ・スヒョク)駐米韓国大使との電話会談を通じて韓国側に診断キットを買えるように取り持ってほしいと要請した。今月18日、大韓航空機を通じてボルチモア・ワシントン国際空港に診断キットが移送されて2日後の20日、ホーガン州知事は「われわれは該当企業とともにテストを終えた」と明らかにしたことがある。

しかしFDAは、ラボジノミクスの診断キット緊急使用承認検討について尋ねる現地メディアに、この日も「まだ検討していない」と答えた。

う~んどうなんですかね??

韓国製の検査キットか~国で判断するのは良くないですが、自分ではなんとなく受けたくないな~なんて・・・

ちなみに、ラリー・ホーガン州知事もトランプ大統領と同じ共和党の方です。FDAがどんな組織かは、調べてみないと分かりませんが、承認が得られていない検査キットで検査していたんですね。アメリカの今日までの感染者数は120万人・・・

やはり、検査自体、意味のない検査を繰り返しているんじゃないかな。それとも別に思惑があるのかもしれませんね。アメリカだけに。政治的にとか・・

検査キットについては、上念司チャンネル ニュースの虎側こちらでも取り上げられていました。

世界各国で利権になっている可能性がありますね。

インターネットやSNSがある時代ですので、正確な情報をキャッチして、不必要な検査は行わないようにしましょう。

以上

ご覧いただきありがとうございます。

励みになります

↓↓↓