仕事がつまらないのは、あなたが会社にとって必要な人材だから

店舗経営

 ←励みになります。最初にクリックお願いします。

こんにちはタカシです。

  • 仕事がつまらない
  • 人間関係がよくない
  • 自分はもっとこういう仕事がしたいのに
  • この会社は自分に向いてない

こんな事思った事ありませんか。

仕事をしていて一番辛いのは人間関係が良くない事です。

人間関係が悪いと、仕事をする気力だけでなく、私生活への影響も計り知れません。

仕事が嫌いな人、仕事がつまらないな~。もっと自分に合った職場があるはずだ!

自分はこの職場にいるべきでない!

なんて思っている方がいましたら、是非この記事をみて下さい。

きっと今の仕事をもっとやりたくなります。むしろ、仕事がしたくてたまらなくなります。

結論

仕事がつまらないのは、あなたが行動していないから

会社に必要な人間はあなたです。

人間関係を良くしたいならあなたが行動して組織を変えよう

です。

それでは、ご覧ください。

このブログ主は現在40歳自営業。
新卒でパチンコ屋さんに就職してから、5年で退職。その後独立開業を目指して、たくさんの仕事を経験しました。

組織で働くのもいいけど、自営業は自分の好きな働き方で働けるので気に入ってます。

自営業歴は12年くらいで、現在は一般的なサラリーマンより収入は高いです。でも、会社経営のように何人も人を雇っているわけではありません。

そこそこの生活して、小さなお店で細々と楽しく暮らしています。

こういった背景から語ります。

 

 働きアリの法則から学ぶ

仕事がつまらないと思っている人。

人間関係がうまくいかないと思っている人。

あなたは、しっかりと働き行動しています。あなたの不満はなぜ起こっているか働きアリの法則を見ると分かります。

  • 働きアリのうち、よく働く2割のアリが8割の食料を集めてくる。
  • 働きアリのうち、本当に働いているのは全体の8割で、残りの2割のアリはサボっている。
  • よく働いているアリと、普通に働いている(時々サボっている)アリと、ずっとサボっているアリの割合は、2:6:2になる。
  • よく働いているアリ2割を間引くと、残りの8割の中の2割がよく働くアリになり、全体としてはまた2:6:2の分担になる。
  • よく働いているアリだけを集めても、一部がサボりはじめ、やはり2:6:2に分かれる。
  • サボっているアリだけを集めると、一部が働きだし、やはり2:6:2に分かれる。

wikipedia 働きアリの法則より引用

あなたは、良く働き、会社の為に貢献している。良く働く2割の人間です。

しかし、働いていない人は必ずいます。

何処の組織にも。

「何故自分がこれほど働いて、たくさんの仕事をこなして、会社の為に尽くしているのに」

なんて思っていませんか。

あなたの行動は正しく、とても仕事ができます。

しかし、あなたの仕事量についていけない人、あなたほど仕事が出来ずに、

あなたを頼っている方、あなたの指示を待っている方が組織にはいます。

その人たちをうまく導いてあげましょう。

導くことで、今の数倍の仕事量になり、仕事が豊かになります。

 

 2割のさぼっている人は仕事ができないんじゃなくて、ついていけてないだけ

2割のさぼっている人は、純粋にさぼっているのではなく、何をして良いかわからない方です。

組織の一員として仕事をしている以上、その方たちにもうまく行動して仕事をしていただかなくては

仕事の質と量が落ちます。

指示待ち人間かもしれませんが、あなたがうまくリーダーシップをとって行動させましょう。

何故?私が?

と思うかもしれません。

あなたが仕事に対して思っている、不満人間関係は

仕事がうまく回らないから思うのです。

仕事がうまく回れば、上記の事全て解決できます。

 

 働いていない人は上司や先輩のこともある

2割の働かない人、6割の普通の人

この中に、上司や先輩がいるのはザラです。

むしろ組織にはありがちで、仕事ができないまま出世している人は半分以上います。

自分より働いていないな。と思ったら、その人達より確実に仕事ができます。

上手く導いてあげましょう。

上司や先輩など関係ありません。

上手く誘導して、組織をよい方向に向かせましょう。

この時点で、あなたはの仕事の価値は彼らの数倍の価値があります。

 

 仕事がつまらないのは、目標を共有できてないから

仕事がつまらないと思っていること。

うまく仕事がはかどらない。

そんな時は大抵目標を共有できていないからです。

例えば、数値を100にする仕事があった場合

あなたは、100を目指しています。

その為に、組織に指示をして、レクチャーしてフィードバックして仕事を進めます。

しかし、思ったより成果が出ません。

それは

みんなの目標は100ではないからです。

50で満足の人もいれば、20で満足の人もいます。

その為、成果が出ていると感じている人もいれば、感じていない人もいます。

仕事を進めていく中で一番大事なのは、

目標を共有する事

組織で行う仕事は、いつでも目標を共有する事が大事です。

時には、一時的に目標を下げたりしてうまく調整する事も大事です。

目標を共有する事で、それぞれの役割がより明確になります。

小さな力が集まって大きな力になり、組織全体を動かします。

 仕事がつまらないのは自分が行動して良い人間関係を築いていなかったから

  • 仕事がつまらない
  • 人間関係がうまくいかない
  • 嫌な上司がいる
  • 嫌いな同僚がいる
  • 自分はこの仕事が向いてない

 

仕事をしているとよくあります。

常にあると言って良いでしょう。

問題の責任を他人にする事は簡単です。

自分はもっと別の良い組織で、良い会社で働きたい。

そんなことみんな思っています。

でも、それは叶いません。

他の仕事をしても同じ結果になるだけです。

行動の責任はすべて自分にある

良い人間関係、良い仕事仲間、楽しい仕事、やりがいがある仕事

これらは全て自分で行動してつかみ取れます。

嫌いな上司は、実はあなたの仕事についていけていないだけです。

嫌な同僚はあなたの仕事量に嫉妬しているだけです。

あなたが、うまく導いて仕事の成果をあげることによって会社や組織は成長できます。

そしてとても良い結果が生まれます。

仕事をしていく中であなたが一番成長し次のステップに移れることになるでしょう

 

以上

参考になれば嬉しいです。

ご覧いただきありがとうございます。

励みになります

↓↓↓